• UCHIDA SPECTRUM
  • IT資産管理の重要性と喫緊の課題
  • マネージドサービスによるリスクの低減
  • ソフトウェアライセンス 最適化(SLO)ソリューションの グローバルスタンダード
  • 導入の流れ
  • お問い合わせ

マネージドサービスによるリスクの低減

サービスモデルとは、リスク分散モデルである。

クラウドサービスなどにみられる、今日のサービスモデルとは、ユーザー企業におけるリスクを軽減するためのリスク分散の選択肢とされています。デジタルビジネスにより、ユーザー事業部門からますます高い期待がIT部門へと向けられ、リスクはイノベーションのイニシアチブやITのガバナンスが期待されるIT部門へと集約される方向に向かっています。しかし、全てのリスクをIT部門が抱えることは不可能です。その為に、サービスプロバイダをリスク分散の方法として明確なリスク共有モデルを構築することが求められています。

  • IT資産管理の重要性と 喫緊の課題
  • 仮想環境により
複雑を極める
  • 複雑化する
ライセンス利用規約

アウトソーシングの優位性

タスクのアウトソーシングではなく、
サービスとしてのアウトソーシングによりユーザーリスクをサービスプロバイダに転嫁。

今までの様に自組織でプロセスを設計して、実際の処理をタスクとしてアウトソーシングするモデルでは、ユーザー企業におけるリスクを軽減することは不可能でした。しかし、結果を提供するサービスアウトソーシングを選択することにより、リスクの転嫁を図ることが可能となりました。

IT資産管理プロセスに特化した専門家によるサービス

IT部門:「どうしたらいい?」
ベンダー:「どうしたいですか?」という不毛なやり取りはもういらない。

大規模組織のためのIT資産管理プロセスに特化した、体系的な管理プロセスを実践する専門家チームによるサービスだから、「弊社の現状で実施すべきIT資産管理プロセスとはどのようなものですか?」という質問に対して、「ユーザーさんはどうしたいですか?」という不毛な質問のやり取りのくり返しは発生しません。
「ユーザー事業部門に対する迅速かつ柔軟性の高いITサービスの提供」のために、多くの組織が参照しているのが ITSM(IT サービス管理)の標準フレームワークである ITIL (IT Infrastructure Library)、そして、ITIL との整合を取ったIT資産管理の世界の標準フレームワークとしてのIBPL(ITAM Best Practice Library)です。これはグローバル大手企業のIT資産管理プロセスのデファクトスタンダードであり、専門家チームがこれらの標準を参照しつつ体系的な管理プロセスを実践しているので、どのような状態や成熟度レベルの組織であっても、目標を見失わずに段階的な実装の提案と運用が実現されます。

グローバルスタンダードのソフトウェアライセンス最適化
(SLO:Software License Optimization)ソリューション

中長期的な目標に向かって段階的なプロセスの自動化とマネジメントシステムの統合が可能

汎用CMDB(構成管理DB)でIT資産管理ができるのか?
もちろんできます。しかし、データセンターのライセンスモデルに対応した自動化を可能にするには、様々なソフトウェアメーカーのライセンスモデルに対応したCIを自社で設計しなければなりません。場合によってはアプリケーションの開発に近い作業が発生するため、IT資産管理を目的に導入したCMDBでは塩漬けにされてしまうシステムが多く存在します。
グローバル市場においては、過去10数年間の経験から、CMDB を補完するソフトウェアライセンス最適化に特化した連携ツールとしてSLO(Software License Optimization)ツールのセグメントの有用性が大手グローバル企業やGartner社などによって認識されています。 Flexera Software社は、Gartner社などが認めるSLOツールベンダートップ数社の一社です。