• UCHIDA SPECTRUM
  • IT資産管理の重要性と喫緊の課題
  • マネージドサービスによるリスクの低減
  • ソフトウェアライセンス 最適化(SLO)ソリューションの グローバルスタンダード
  • 導入の流れ
  • お問い合わせ

ソフトウェアライセンス最適化(SLO)ソリューションのグローバルスタンダード

Flexera Software社のFexera NetManager Platform は、
多くのグローバル大手企業でITSMソリューションとの統合可能な
SLOソリューションとして採用されています。

一つのIT環境だから一つのマネジメントシステムに統合可能な効果的・効率的なマネジメントが求められます。名寄せのためのライブラリである ARL(Application Recognition Library)によりインストールされたソフトウェア名の揺れを補正、SKU辞書を使った発注情報をもとにライセンス割り当てされたライセンスと利用規約などの管理メトリックスを自動的に紐づけ、 PURL(Product Use Rights Library)により様々なソフトウェアメーカーの製品使用権をメトリックスとして管理対象の監視項目を明確にした管理を可能としています。

  • 世界の名だたる企業が使用するフレクセラ製
  • 日本企業が使用するソフトウェアの主要メーカーを網羅
  • ソフトウェアライセンスを最適に管理できる機能
  • 様々なロールに対応したダッシュボード画面

世界の名だたる企業が使用するフレクセラ製

著名な大手グローバル組織が使用するSLOソリューションの代表的製品

著名な大手グローバル組織がITSM(ITサービス管理)ソリューションとの連携・統合を念頭に信頼性の高いSLOソリューションとして、フレクセラ製品を選んでいます。大規模組織でのインベントリ収集ツールとしては標準となっている、マイクロソフト社のSCCM と連携してインベントリデータの自動収集とARLを使った名寄せを行い、ソフトウェア配布機能と連携している製品カタログのリクエスト処理からソフトウェア配布まで自動化します。 Windows、Linux、Unix 環境で構成されるデータセンター環境へのインベントリ収集対応、サーバアプリケーションを提供するIBM、Oracle、SAP、VMWare社製品群へのSKU(Stock Keeping Unit)、PURLの対応による仮想環境におけるサーバアプリケーション最適化の実現など、幅広い対応が大手グローバル企業の求める自動化要件を満たしています。

日本企業が使用するソフトウェアの主要メーカーを網羅

著名な大手グローバル組織が使用するSLOソリューションの代表的製品

今日の大規模な仮想環境におけるサブキャパシティモデルの選択はライセンスコスト最適化のための常識となっています。しかし、そのためにはサブキャパシティ環境の制御能力、つまりどの物理サーバーのどの仮想サーバーVM (Vertual Machine) に当該ライセンスが割り当てられているか、VMに割り当てられたCPUコアがどこのメーカーの、いくつのコアを割り当てているか、メーカーが定義するライセンス消費計算式によりライセンス消費が管理されているのかどうか、このようなことを把握しておく能力が求められます。
このコントロールが無い場合、メーカーの監査においてフルキャパシティモデルでの請求や、膨大な監査補正の請求を免れることはできません。環境を可視化し、明確な基準に則ったリソースのコントロールによりプロアクティブにライセンス消費を最適化することが可能となります。

ソフトウェアライセンスを最適に管理できる機能

複雑化するIBMやOracle社のサブキャパシティモデルライセンスのコスト制御を可能とします

効果的、効率的なソフトウェアライセンス最適化のためのさまざまな機能を有しています。

●使用状況管理画面

●コンプライアンス監視・アラート画面

様々なロールに対応したダッシュボード画面

様々な役割の要員が必要な情報へアクセスし、参照、更新などの作業が効率的に実施できます。

●同時使用ライセンス管理ダッシュボード

●クラウド運用ダッシュボード