IT資産管理の重要性と喫緊の課題

ITの進化と共に、IT 環境はますます複雑化し、IT資産管理の重要性が高まっています

セキュリティやコンプライアンス違反などのリスク、IT投資コストを制御する能力としてその重要性が高まる「IT資産管理」。特にクラウドの発展で複雑化するデータセンター環境やソフトウェアのライセンスモデルは体系的なマネジメントの戦略と仕組みなしでは制御不可能になり、企業は大きなリスクを抱えることになります。

  • IT資産管理の重要性と 喫緊の課題
  • 仮想環境により
複雑を極める
  • 複雑化する
ライセンス利用規約
  • コンプライアンス違反による想定外の莫大な補正コスト

多様化するIT資産

静的なIT資産は、なんとか入り口(購買管理)で管理できましたが、クラウド環境の動的な IT 資産は、資産に関わる情報と変化する環境との関係性を追跡可能な変更管理が効果的・効率的に実装できてはじめて可能となります。

過去のIT資産管理のイメージは、ハードウェアとソフトウェアの購入情報の管理、あるいはインベントリ収集による現在の資産状態の管理といった静的な管理でした。
しかし、今日のIT資産管理では、迅速かつ柔軟性の高い動的なクラウド環境となり、IT資産を管理するために必要となる情報は、ハードウェアやソフトウェアの購入情報の管理だけではなく、それらに関係するリース契約、レンタル契約、クラウドサービス契約、ライセンス契約、ライセンス利用規約、保守メンテナンス契約から発注情報、固定資産管理番号など広範な情報の関係性を管理しなければ目的とするガバナンスやコントロールを獲得することは不可能となっています。

仮想環境により複雑を極める

迅速かつ柔軟性の高い動的な仮想環境は、
「諸刃の剣」となる。

ビジネス環境の変化に迅速かつ柔軟性高く対応できるクラウド化を推進しているデータセンターは、その一方でしっかりとした可視化ができないと大きなリスクを抱えることになります。今までは物理的に捕捉可能なサーバー資産やそのサーバーに関係するソフトウェアを管理することは人手によるマニュアル作業でも可能でした。しかし、仮想化が進み、クラウド化されたデータセンター環境では、「可視化」すること自体が、その環境の導入・構築の際に戦略的に計画され実装されていなければ実現不可能となっています。
キャパシティモデルを採用するサーバーソフトウェアの場合、サブキャパシティの恩恵を享受するためにはライセンスを割り当てた環境の可視化を制御する能力が不可欠です。

複雑化するライセンス利用規約

仮想環境のサブキャパシティモデル、パブリッククラウド環境でのライセンス利用は
正確に制御できないとコンプライアンス違反リスクが大きい。

本番機系、待機系など仮想マシンに割り当てられたサブキャパシティモデルのライセンスは、クラスタ環境では、すべてのCPUが課金対象となる場合もあります。コントロールができていないとフルキャパシティモデルが自動的に採用され、高額な補正請求を受けることになります。利用規約を理解し、管理対象となる環境のメトリックスを管理し、ライセンスの消費状態を正確に監視、制御することが求められます。

コンプライアンス違反による想定外の莫大な補正コスト

メーカーに有利な解釈の適用で莫大な補正請求を受けることになる。

契約交渉してコンプライアンスの定義を明確にしていない場合、ライセンス契約や利用規約はメーカーに有利な解釈が適用され、莫大な補正請求を受けることになります。ソフトウェアライセンスのコンプライアンスとは、ライセンス契約の諸条件に則って運用しているかどうかという視点での契約遵守です。しかし、複雑化する環境において、これらの条件には解釈の幅が存在しています。一度メーカーの監査でメーカーに有利な解釈で補正請求を受けると、その後継続的に高額なライセンス料金を支払うことになります。