SAMN@VI

「何から始めれば?」「どこまで管理すれば?」など、最初の疑問にお答えします!
ソフトウェア資産管理(SAM)をサポートするOneStopサービス「SAMN@VI」

なぜSAMに取り組まねばならないのか?

" 企業にとって内部統制上、必要不可欠なソフトウェア資産管理(SAM:Software Asset Management)に "
取り組むことは、「著作権侵害による法的リスクの回避」「TCO削減」「ITガバナンスの強化」など、
経営管理面、財政面、運用面で多くの効果をあげます。

SAMN@VIは、国際標準「ISO/IEC 19770-1」および同標準に
準拠した「ソフトウェア資産管理基準」に基づいています。

2006年5月に、ソフトウェア資産管理に関する国際標準(ISO/IEC19770-1)が発行され、ソフトウェア資産管理が有する経済的価値、 および企業経営に対する影響度が高まり、企業において、ソフトウェア資産の重要性が再認識され、実効性のあるソフトウェア資産管理の構築に向けた取り組みが求められています。

ソフトウェア資産管理(SAM)をサポートするワンストップサービス

SAMN@VIは、企業におけるSAM業務のP-D-C-Aサイクルをワンストップでサポートします。

一つ一つのステップが適切なSAMの実現につながり、
着実なステップで最適なソフトウェア資産管理を目指せます。

「SAMN@VI」で提供しているソフトウェア資産管理に関する
ソリューションメニュー

企業にとって内部統制上、必要不可欠なソフトウェア資産管理(SAM)に取り組むことは、著作権侵害による法的リスクの回避」「TCO削減」「ITガバナンスの強化」など、経営管理面、財政面、運用面で多くの効果をあげます。

ソフトウェア資産管理ソリューションは、企業におけるSAM業務のP-D-C-Aサイクルをワンストップでサポートします。

SAMN@VIをご提供する上で、ウチダスペクトラムでは以下の5つのステップのソリューションメニューをご用意しております。

SAMN@VIが提供する5つのソリューションメニュー

SAMコンサルテーションサービス

サービス内容

SAMコンサルテーションサービスは、貴社(及び貴社グループ)におけるソフトウェア資産の導入、展開に際し、SAM業務プロセスの企画、設計、開発のご支援を致します。

実施概要

●SAM導入設計プロジェクトの計画立案の支援
●SAMプロセス設計における管理規定やプロセスフローの雛形提供と内容の解説
●SAMプロセス設計におけるアドバイザリー支援の実施
●SAM展開計画の策定支援

SAMコンサルテーション実施プロセス

SAM アセスメントサービス

サービス内容

SAMアセスメント(評価)サービスは、貴社のソフトウェア資産管理の現状を把握し、ソフトウェア資産管理基準、評価規準に基づき、評価を行い、組織のリスク管理の観点から、説明責任の確保、法的リスクの回避、TCOの削減を目的とした改善点をトップマネジメントに認識して頂くサービスです。

SAMアセスメントサービス実施プロセス

SAMアセスメント報告書 内容

●現在の管理状況サマリー
●現在の管理状況の詳細
●ソフトウェア資産管理基準評価
●現状のSAMリスク分析
●管理状況改善策の提言

ワークショップ

サービス内容

SAMワークショップは、貴社にてSAMの導入や運用を担当される方々に対し、SAMの概要から重要なポイントとなる業務プロセスやSAM管理台帳に関し解説し、知識取得、共有いただくサービスです。貴社導入に際してのディスカッションも行います。主なセッションは以下の通りです。

ソフトウェア資産管理の要点

SAMの定義、「ソフトウェア資産管理基準」の要点、SAMをどのように導入するのか等を解説し、ソフトウェア資産管理についてご参加メンバー間で共通の理解を図ります。他社のソフトウェア資産管理の取り組み例もご紹介します。

ソフトウェア資産管理の業務プロセス概説

ソフトウェアの購入から廃棄にいたるライフサイクルを管理するための標準的なSAM業務プロセスフローについて解説し、自社の業務プロセスを設計する際のポイントを学びます。

ソフトウェア資産管理台帳の概説

ソフトウェアライセンスを管理するための台帳の要件と記載項目について解説し、貴社における現有台帳の設計について議論します。

ディスカッション

新しいソフトウェア資産管理を実現するための基本計画を作るにあたり、現状の問題点を討議し、問題解決に向けたロードマップを一緒に検討します。

インベントリ分析サービス

サービス内容

導入されているソフトウェアの現状分析と分析結果からの潜在的なリスクも想定し、SAMの管理スコープや方針等を決める指針材料として頂きます。
・弊社ソフトウェア辞書によるソフトウェアインベントリの名寄せ、管理区分の分類を行います。
・管理区分や導入部門等の属性を組み合わせた分析レポートの作成を致します。
・分析結果からリスクを示唆できるコメントをレポートに追記致します。

インベントリ分析サービスプロセス

分析レポート内容

●全社/ソフトウェア管理属性別導入状況
●全社メーカー別ソフトウェア導入状況
●部門別メーカー別ソフトウェア導入状況
●全社/有償製品導入状況
●部門別有償製品導入状況
●導入ソフトウェア一覧  等

リスク想定の為の分析ポイント例

●管理分類別のソフトウェア分布状況
●インベントリデータ精度(重複、属性情報抜け等)
●有償製品導入状況から見るアカウンタビリティの必要性
●部門別/有償製品導入状況から想定されるリスク(購入や資産管理に関するガバナンス度合い)
●バージョン及びエディションの統一性からの観点等

GAP分析サービス

サービス内容

GAP分析サービスは、貴社の所有ライセンスと使用ソフトウェアを調査、分析し、対象組織におけるライセンスの過不足状況を明確にするサービスです。これにより、対象組織のライセンス過不足状況を把握することができ、権利保護団体やソフトウェアベンダーなど第三者へのアカウンタビリティ (説明責任)を果たすことができます。

GAP分析サービス実施プロセス

お問い合わせはこちら