Windows 10 Management Service

Windows 10 Management Service

環境の変化に伴い、Windows 10への移行は必須となっています。

現在企業様にて一番多く使用されているWindows 7の延長サポートは、2020年1月14日に終了します。MicrosoftもWindows 10を現状最後のOSと位置付けており、今後はオンラインにて全てのアップデートが行われていきます。脆弱性に関するセキュリティアップデートなども行われることから、Windows 10にアップデートしない=企業リスクを背負う、という形になります。

しかしWindows 10への移行には、さまざまなことを考慮する必要があります。

ネットワーク経由での更新がメインになることから、従来のWindows Updateよりも更新頻度が増えています。またセキュリティやOSの機能、Officeなどのソフトウェアの更新も環境によっての可・不可があります。さらにWindows XPからの移行の際にも頭を悩ませたアプリの検証も必要なことから、Windows 10への理解なく移行作業を進めることは多大なリスクが伴います。

これらの問題を解決し、
どんな企業も徹底サポートするUSIの4つのサービス

ウチダスペクトラムでは、これからWindows 10の導入を検討されている企業様のために、4つのサービスをご用意しております。
Windows 10について、これから知見を深める想定の企業様から、すでに仕様をある程度把握しており、これから検証を行う企業様、管理方法が決定している企業様まで…。

Windows 10の導入に関する全てを徹底的にサポートするのが、ウチダスペクトラムのWindows 10 Management Serviceです。

Windows 10
導入支援サービス

これからWindows 10を導入される企業様を支援するサービスです。
「Windows 10のことがわからない」「導入の手順がわからない」方に向けた導入支援サービスです。ワークショップによりWindows 10を理解していただいた後、検証、展開…と手順を踏んでいくことで、ロスなくWindows 10の導入を行うことができます。

WSUS4.0
更新管理環境構築支援サービス

企業内ネットワークをWSUSで管理する企業様の、管理環境構築を支援します。
WSUS(WindowsServerUpdateService)を使用し、Windows 10を構成管理します。WSUSによりWindows Updateの管理が楽になることはもちろん、各アップデートへ対応できる環境を構築いたします。

SCCM CBを利用した
構成管理環境導入支援サービス

SCCMを利用し、
クライアント管理環境を導入します。
マイクロソフトSCCM(System Center Configuration Manager)を企業様のプライベートクラウドに導入しWindows 10を構成管理します。SCCMの多彩な標準機能により、セキュアで効率的な管理環境を実現することができます。

EMSによる
デバイス・コンテンツ管理サービス

クラウド環境で、ユーザーに紐づく各種デバイスを統合的に管理します。
マイクロソフトのEMS(Enterprise Moblility + Security)を利用し、Windows 10を構成管理します。クラウドのため少ない初期コストで素早く展開することができます。また、オンプレミスとクラウドを併用したハイブリッド展開も可能です。

お問い合わせはこちら