Windows ワークロード アセスメント

新しいクライアント環境への移行に備え
既存PCの利用状況分析を実施

社会を取り巻く環境が大きく変化する中、多くの企業では柔軟な働き方を求める声が高まっています。
リモートワーク/ハイブリッドワークで生じるPC の調達・運用・管理やセキュリティリスク対策といった多くの課題を解決するマイクロソフトの Windows 11 / Windows 365 / Azure Virtual Desktop をベースに、アセスメントを通じてどのデスクトップ環境が自社に適しているのかを確認し、「いつでも&どこからでも仕事ができる」環境の構築と維持を支援します。

サービス導入の検討時によくある課題

・Windows 11 移行にあたり、自社PCがハードウェア要件を満たしているか把握できていない
・仮想デスクトップ環境の構築に際し、必要十分な構成、スペックがわからない
・Windows 365 と Azure Virtual Desktopのどちらを選択すべきか判断がつかない

サービス活用メリット

・既存PCの Windows 11 適合状況を網羅的に確認できます
・実際の利用状況に応じた仮想デスクトップ環境の構成を導き出すことができます
・アセスメント分析結果から、W365 or AVD の選択や最適構成を決定できます

サービス内容

Windows ワークロード アセスメント

既存の Windows クライアント環境のハードウェア構成やワークロードを測定し、Windows 11へのインプレースアップグレードの可否や、Windows 365 や Azure Virtual Desktopといった仮想デスクトップ(DaaS)環境に移行する際の構成スペックを検討します。
また、分析結果から要求されるスペックや用途(利用特性)により、適切な構成をご推奨することも可能です。

サービス期間

1ヶ月~

サービス価格

545,000円~

 

 

TOP