ID不正利用監視サービス

Microsoft 365脅威対策・情報保護アラートを
24時間365日体制で監視するマネージドサービス

Microsoft 365 E5のパッケージに含まれる最新の統合型情報共有Cloudサービス「Office 365」、包括的なセキュリティソリューション「Enterprise Mobility + Security」、Microsoft Defenderにエンドポイント脅威保護 のセキュリティ対策機能を追加する「Windows 11 Enterprise E5」向けの マネージドセキュリティサービスです。
セキュリティ監視センターから、 お客様環境のMicrosoft 365脅威対策・情報保護アラートを24時間365日体制で監視し、ログや検出したセキュリティアラートに対して誤検出の有無や影響度を判断し、考えられる被害と対策案まで含めてご担当者様へご報告します。

サービス導入の検討時によくある課題

・セキュリティアラートやインシデントに対応するための常時監視体制の構築が難しい
・日々大量に発生するセキュリティログから、「何か起こっている?」「これから どうすれば良い?」を導き出せるセキュリティアナリストがいない
・Microsoft E5に含まれる多数のセキュリティコンポーネントを熟知して導入・運用を主導・対応出来る人材がいない

サービスの特徴

・専門のセキュリティセンターから、貴社環境の常時監視を行います
・統合ログ解析基盤+Cloudの知見を持つアナリストによる相関分析を行い、アラート・インシデント通知だけでなく、推奨対処策まで提供します
・当社セキュリティ専任エンジニアにて導入から監視まで全体をカバーします

サービス導入の流れ

サービス内容

初期セットアップ

本サービスを利用開始するにあたり、各セキュリティサービスのセットアップを実施します。

マネージドサービス

セキュリティ監視センターから、 お客様環境のMicrosoft 365脅威対策・情報保護アラートを24時間365日体制でセキュリティアナリストが監視を行います。ログや検出したセキュリティアラートに対して誤検出の有無や影響度を判断し、考えられる被害と対策案まで含めて報告します。

サービス期間

年間契約(12ヶ月単位の更新)

TOP