Microsoft Defender
for Endpoint ワークショップ

Microsoft Defender for Endpoint が提供する
最新のEDR機能を体験

サイバー攻撃等のセキュリティ脅威の検知や対応を行うためのEDR製品である Microsoft Defender for Endpoint の機能を理解し、貴社環境での本番導入を行うための準備を行います。
また、ワークショップの結果を基に、Microsoft Defender for Endpointを利用した最新のセキュリティ対策へ移行するための次のステップの検討を支援します。

サービス導入の検討時によくある課題

・従来のアンチウィルス対策に不安を抱えている / ランサムウェアの被害が心配
・Microsoft Defender for Endpoint の具体的な機能やメリットを理解できていない
・既にライセンスを保有しているが、有効活用できていない

サービスの特徴

・EDRの考え方、従来型(EPP)からEDRに切り替えた場合の利点などを理解できます
・製品Plan1/Plan2の機能差や、導入メリットを把握できます
・お持ちのライセンスに応じたセキュリティ機能を活用できるようになります

Microsoft Defender for Endpoint の 紹介

製品概要、プラン毎の機能比較、活用シナリオ、他のマイクロソフトセキュリティ製品との連携などについて説明します。

簡易PoC

本番運用環境の特定のデバイスを対象に、実際にMicrosoft Defender for Endpoint を適用します。導入時の流れをご理解いただくとともに、検知されたアラートから作成する脅威レポートの結果を踏まえ、Microsoft Defender for Endpointの導入に向けた具体的な検討を可能にします。

サービス価格

320,000円

サービスの流れ

サービス期間

標準:1ヶ月(状況により前後することがございます)
まずはお気軽にお問い合わせください!

TOP