ID管理ワークショップ

ADFSからAzure ADへの移行や条件付きアクセスの活用など
セキュリティ向上の方策

今日の高度に分散したIT環境は、リモートワークにおけるIDは「誰が/いつ/何に/どのような状況で」アクセスできるかを把握し、管理することが重要な要素となります。
本ワークショップでは、Azure AD を使用したすべてのアプリ、ユーザー、デバイスに対する単一のコントロール手法をご理解いただくとともに、 ADFSからAzure ADへの移行や条件付きアクセスの活用など、セキュリティ向上の方策についてご紹介します。

AzureADに対する攻撃の実態

ワークショップハイライト

サービス内容

Azure Active Directoryを活用し、お客様環境のIdentityおよびアプリケーションアクセスを保護することによるメリットについて紹介します。また、ADFSからAzure ADに移行することによるコストメリットや、Identityの統合管理によるオペレーションの簡素化とセキュリティ向上、よりセキュアなアプリケーションへのアクセスなどを紹介し、Azure ADの活用シナリオについてお客様の理解を深めることを支援します。

サービスの流れ

サービス期間

標準:1ヶ月(状況により前後することがございます)
まずはお気軽にお問い合わせください!

TOP