IT資産管理ソリューション

ソフトウェアの資産管理に関して、
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

IT資産の見える化をしたいが… どこまで管理すれば良いのか… これまでもIT資産管理には取り組んでいるが… ソフトウェア資産管理の理解はこれで良いのか… インベントリー収集ツールを導入はしているが… ライセンス証書やメディアがどこにあるのか…

↓

ウチダスペクトラムでは、
IT資産管理/ソフトウェア資産管理
関するさまざまなサービスを
提供しています。

ITAM統合ライフサイクルサービス

ITAM統合ライフサイクルサービス

IT資産管理プロセスのベストプラクティスであるIAITAMのIBPLを参照して設計されたソリューションです。

ガートナーの提唱するソフトウェアライセンス最適化(SLO)ツール決定フレームワークの要件を満たすフレクセラ社の製品をプラットフォームとして、アセスメントから業務プロセスの構築から導入、運用までを一連でサポートします。

IT資産管理者向け講習(CSAM講習・CHAMP講習)

IT資産管理者向け講習(CSAM講習・CHAMP講習)

IAITAM(国際IT資産管理者協会)が認定しているIT資産管理に関する国際認定資格で、「ソフトウェア資産管理者」向けのCSAM講習と、「認定ハードウェア資産管理者」向けのCHAMP講習があります。

IT資産管理のベストプラクティスであるIBPLに基づいて実施され、IT資産管理に関する理解レベルの確認を目的として実施されます。

クラウド型ソフトウェア資産管理支援サービス
SMART@SAM

SMART@SAM

ソフトウェア資産管理の国際標準「ISO/IEC19770-1」に対応したクラウド型ソフトウェア資産管理サービスです。

ソフトウェア資産管理の効率化に欠かせないソフトウェア辞書やライセンス製品マスタを実装し、ユーザーライセンスやネットワークライセンスなど多様なライセンス形態に対応し、継続的なソフトウェア資産管理を定期棚卸などの運用面からサポートします。

ソフトウェア資産管理OneStopサービス
SAMN@VI

SAMN@VI

企業におけるソフトウェア資産管理業務のP-D-C-Aサイクルを、ワンストップでサポートするサービスです。

お客様の必要度合いに応じて、「コンサルテーションサービス」「アセスメントサービス」「ワークショップ」「GAP分析サービス」「インベントリ分析サービス」など必要なサービスをご提供しています。

なぜSAMに取り組まねばならないのか?

「SAM」とは「Software Asset Management」の略で、ソフトウェア資産管理のことを指します。近年、コンプライアンスやITガバナンスの一環として、適切なソフトウェア資産管理が企業により一層求められるようになってきました。

ウチダスペクトラムでは、ソフトウェア資産管理の国際標準になっているISO/IEC 19770-1に対応するのはもちろん、グローバルなベストプラクティスであるIAITAMのIBPLに則ったツールを活用したサービスも提供しており、IT資産の可視化とソフトウェアライセンスのコスト最適化を可能にします。

SAMを導入しないと…

ライセンスコンプライアンス
  • ・著作権侵害による訴訟リスク
  • ・社会的信頼失墜のリスク
  • ・刑事罰 など
コストリスク
  • ・未使用ソフト分の無駄なコスト発生
  • ・無計画購入によるコスト発生 など
セキュリティリスク
  • ・ウイルス感染のリスク
  • ・情報漏えいのリスク など
IT統制の維持
  • ・ファイル非互換性による業務効率低下
  • ・バージョン等不具合や未修正による業務システムの停止 など

このように様々なリスクが発生します!

SAM導入のメリット

ライセンス
コンプライアンス対応の実現

ITコスト投資の最適化

ITセキュリティの維持・向上

IT統制の維持・強化