BLOG

理解、コントロールが困難な
Oracleライセンスコストの最適化の方法

概要ライセンスは契約です。契約は、ビジネスニーズに基づいた合意文書です。組織のポリシー、体制(役割と責任)、IT資産管理プロセスの不足により、「ライセンス契約管理」の成熟度が向上せずに、カオスであるケースが少なくありません。ガバナンス不足の場合、ライセンスコストが最大化する可能性が高くなります。

Windows 11への移行、進んでいますか?
Windows 10サポート終了に向けた 備えと対策を詳しくご紹介

概要マイクロソフトがWindows 10 の延長サポート終了日(2025年10月14日)を発表してから2年以上が経過しましたが、現在でも日本国内の企業では Windows 10の利用率は依然高く、これから本格的な移行検討を開始される企業も少なくありません。また、クライアントOSという業務基盤の移

ベンダーコントロールによる
コスト削減と賢いIT投資の実現

概要ソフトウェアベンダー主導のライセンス契約では億単位の無駄なコストが発生していることが少なくありません。メガベンダーのライセンスは、ライセンス監査、年次補正、保守契約、包括契約などどれをとっても売上が上昇するような仕組みになっており、複雑で理解困難な契約形態をとっていることで結果的にユーザーが

ハイブリッドワークを支える
Microsoft Surface & Intune & MEID!

概要オフィス勤務とリモートワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が浸透した昨今、多くの企業では日々生じる新たなセキュリティ脅威への対策が必要不可欠となっています。「従業員がいつでもどこでも安心して仕事ができる環境を提供する」ことでより生産性を高めつつ、同時にしっかりとしたセキュリティ対策

SAPライセンス分析による ELPの把握からのS/4 HANA 移行計画とアプローチ方法

多くのSAPユーザー組織において、間接アクセスなどを含めた現時点での正確なライセンス状態を把握し、コスト削減の可能性を模索するという課題は、複雑化するシステム、契約条件、選択肢や契約交渉担当チームの能力、今後のS/4 HANA 移行計画など、考慮すべき多岐にわたる条件があり、困難を極めます。

Oracle ライセンス分析とコスト管理
~コスト上昇を防ぐライセンス管理術~

ソフトウェアライセンスの中でもOracleライセンスの管理はユーザーにとって重要なテーマとなっています。ここ数年でも、ライセンスの管理が正しくできていないために、結果としてコストが上昇してしまった企業が少なくありません。その主要な原因は以下5つです。① 仮想環境:vCenter② 共

クラウド時代のデバイス管理~IT管理者が知っておくべき
勘所や解決策とは?

概要ハイブリッドワークが急速に浸透することにより、組織内では様々なデバイスが利用されるようになったことで、デバイス管理はますます困難になっています。それと同時に、IT環境はより複雑化し、セキュリティに関する大きな課題を引き起こすリスクも高まっています。本セミナーでは、これらの課題を解決す

だから、コストも負荷も変わらない
「運用コストが8割」の真因と、見落とされてきた現実解

概要デジタルシフトが進展し、ビジネス展開の「スピード」が最大の差別化要素となって久しい。一連のビジネスプロセスにもデジタル化が求められ、これを支えるIT開発・運用はまさしく「ビジネス展開」と同義となっている。こうした中、注目を集めているのが「内製化」や「ハイブリッド/マルチクラウド」だ。

IT資産の専門家と徹底討論
丸投げという巨大なリスクをどう乗り越えるか

概要DXトレンドが進展し、各業種で成功事例が生まれている。だが成果を挙げている企業はごく一部。いまだ多くの企業が「何をすれば」と悩んでいるのが現実だ。DXとは「ITを前提としたビジネスの変革」。特に今回のパンデミックを受けて、リモートワークをはじめ「ITを使いこなす」ことが必須となった今

TOP