BLOG

なぜ、ライセンス管理の自動化ツールへの
投資が無駄になるのか?

概要IT資産管理の課題は、いわゆる「IT資産管理ツール」と呼ばれる自動化ツールを導入することが解決のための一つの手段として用いられます。しかしながら、IT資産管理、とりわけソフトウェアライセンス管理においては、要求される「ビジネス要件」を紐解いた上で、それをツールの管理メトリクスへ正確に落と

なぜ、ライセンス管理は自動化ツールの運用で失敗するのか?

概要今までのIT運用管理の取り組みは、多くの場合、管理対象がテクノロジーであったため、自動化ツールを導入し運用していくうちに徐々に成熟度が上がっていく、というのが常識でした。しかし、残念なことにITAM・SAM(IT資産管理・ソフトウェア資産管理)、特にライセンス管理においては、「ツールの導入は

理解、コントロールが困難な
Oracleライセンスコストの最適化の方法

概要ライセンスは契約です。契約は、ビジネスニーズに基づいた合意文書です。組織のポリシー、体制(役割と責任)、IT資産管理プロセスの不足により、「ライセンス契約管理」の成熟度が向上せずに、カオスであるケースが少なくありません。ガバナンス不足の場合、ライセンスコストが最大化する可能性が高くなります。

SAPライセンス分析による ELPの把握からのS/4 HANA 移行計画とアプローチ方法

多くのSAPユーザー組織において、間接アクセスなどを含めた現時点での正確なライセンス状態を把握し、コスト削減の可能性を模索するという課題は、複雑化するシステム、契約条件、選択肢や契約交渉担当チームの能力、今後のS/4 HANA 移行計画など、考慮すべき多岐にわたる条件があり、困難を極めます。

Oracle ライセンス分析とコスト管理
~コスト上昇を防ぐライセンス管理術~

ソフトウェアライセンスの中でもOracleライセンスの管理はユーザーにとって重要なテーマとなっています。ここ数年でも、ライセンスの管理が正しくできていないために、結果としてコストが上昇してしまった企業が少なくありません。その主要な原因は以下5つです。① 仮想環境:vCenter② 共

日本マイクロソフト株式会社 共催セミナー
『Modernize Endpoints』 最新情報!
エンドポイント環境の最新化がもたらす効果やメリットをご紹介

概要今日のビジネス環境では、ハイブリッドワークの浸透とともに”いつでも” ”どこからでも” 仕事が出来る柔軟性や機敏性、安全性がより一層求められています。同時に、組織は高まるIT環境の複雑化とリスクへの対応といった課題に直面しており、これらの解決のために新しいアプローチが必要となっています。 

経験豊富な弁護士が解説!
サイバー攻撃の最新事例に学ぶリスク対策のポイントとは?

近年目覚ましい発展を遂げているテクノロジーにより、企業はIT投資の最適化や従業員の多様な働き方を実現し、収益と生産性を両立させることが可能となりました。その一方で、不安定な社会情勢を背景にサイバー犯罪も着実に増加しており、特に最近ではランサムウェアや新たな手口の標的型攻撃による被害も多数報告され

2022年10月-12月 定期開催 日本マイクロソフト協賛セミナー
【 Microsoft Surface & IDセキュリティ 】
ハイブリッドワークに最適なSurfaceの魅力 &
多層的な防御を実現するIDセキュリティ手法をご紹介

Microsoft Surfaceが初登場してから、今年で10年を迎えます。これまでに多くの機能追加や改良が繰り返された結果、今日のSurfaceはモダンワークプレイスのエコシステムを補完する理想的なデバイスとなっていることをご存知ですか?本セミナーでは、最新のWindows 11を搭載

【Windows 365 最新情報】導入シナリオと環境整備に向けた検討ポイントをご紹介!

働き方を取り巻く環境が大きく変化する中、多くの企業では柔軟な働き方を求める声が高まっています。 一方で、リモートワーク環境の提供において様々な課題も生じ始めています。 PC の調達・運用・管理からセキュリティリスク対策など、いつでもどこからでも仕事ができるようサービス提供を維持することが求められ

TOP